あの名作が生まれた「MUJI AWARD」を知っていますか?

こんにちは、タコマです。

皆様は「MUJI AWARD」をご存知ですか?

無印良品が主催するプロダクト・デザインの国際的なコンペティションです。2006年から2013年にかけて計4回開催されました。

金賞、銀賞、銅賞があり、金賞だと20000USドルが授与されます。

審査員は原研哉や深澤直人など、無印良品のアドバイザリーボードの面々やジャスパー・モリソンなど外部デザイナーも担当しています。




第一回「隅」

MUJI AWARD 01
https://www.muji.net/award/01/nwpiece01.html

第一回のテーマは「隅」。金賞の「抜け殻」は賛否両論あったようです。確かに機能的な必然性があるかと言われたら無いし、コンセントカバーは世の中に既にあるしと難しいデザインですね。

https://www.muji.net/award/01/nwpiece04.html

それより電源タップとそのカバーがセットになった「Their destination, my departure」が普通に良さそうです。こういう商品って無いんですよね~

第二回「RE」

MUJI AWARD 02 | 結果発表 | Results

第二回のテーマは「RE」

金賞に輝いた「その次があるバスタオル」は商品化され、リニューアルはありつつも現在も定番ですね。

汚れてきたら切って雑巾などで使えるようにってアイデア、完璧ですよね。

「角塩」が地味に便利そうです。料理で塩入れるのって難しいもんね。

第三回「Found MUJI」

MUJI AWARD 03 | 結果発表 | Results

第三回のテーマは「Found MUJI」

https://www.muji.net/award/03/nwpiece01.html

金賞は「麦わらストロー」。確かにストローって単語は麦わらという意味なので原点回帰と言えます。ここから10年経ってプラスチック製ストローが窮地に追い込まれるとは。麦わらストローにも勝機あり?

ちなみに現在の無印良品では竹材とデンプンでできたストローが10本99円で販売されています。

竹材ストロー | 無印良品
成長の早い竹とでんぷんを原料に使った天然由来素材のストローです。

Amazonで探したらガチの麦わらストローを見つけました。非プラスチック製ストローが求められているんですね。

Amazon | 使い捨て天然ストロー 草ストロー 手作り工芸品の原材料 北欧の光と影のモビール 幾何学模様の美しいヒンメリ 自然の本色20 CM*0.4 CM(100本入り)Pospetia | Pospetia | ストロー 通販
使い捨て天然ストロー 草ストロー 手作り工芸品の原材料 北欧の光と影のモビール 幾何学模様の美しいヒンメリ 自然の本色20 CM*0.4 CM(100本入り)Pospetiaがストローストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
https://www.muji.net/award/03/nwpiece04.html

「おじいちゃんの釘フック」も無印っぽい。

第四回「未来のくらしに続くデザイン」

第四回のテーマは「未来のくらしに続くデザイン」。この回は中国で行われたそうです。

https://www.muji.net/award/results/04/result.html?lang=ja

「収納の本」は、こういうの何か見たことあるな。というか、違う形で何らかの商品になっているのではないでしょうか。

https://www.muji.net/award/results/04/result.html?lang=ja

「Door-in-Door」もユニークな発想ですね。関係があったのかわかりませんが、ある意味ドア収納は商品化されていますね。

おわりに

いかがでしたか?

ワクワクするデザインが多くて楽しいですね。

最近やってないですけど、是非またやってほしいです。






その他の無印良品の記事はこちらからどうぞ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました