ついにApple→Spotifyへ乗り換え!

Apple Musicが嫌すぎてSpotifyに移行

こちらでも書いたのですが、私はAndroid/Windowsユーザー

Apple Musicを使っていたときの私のオーディオ再生環境は以下。

不満だったところは

  • AndroidのApple MusicアプリはAirPlayができない
  • Windows版iTunesは動作が重すぎる/不安定
  • Windows版iTunesはダークモード非対応で目が疲れる

でした。

スマホがiPhoneだった頃は、スマホからも再生できて便利だったんですがねえ。Bluetoothでいいじゃんという声もあるかもしれませんが、やっぱり多少は音質にこだわりたいところ。

SpotifyはSpotifyで

  • ローカル音源の取り扱いに難あり

といった微妙なところがありました。

しかし、

  • ローカル音源を聴く頻度は低い

という結論に至りました。

また、安いネットワークプレーヤーが見つかったこともあり、Spotifyへ移行することにしました。

新しいオーディオ環境

私の新しい環境はこれです。

「WiiM mini」というSpotify Connect対応のネットワークプレーヤーにしました。

「WiiM mini」→DAC→アンプ→スピーカーで音楽を流しています。

「WiiM mini」は中国メーカー製ですが、1万円ちょっとで買えるので非常にコスパ良いです。

ちなみにAir Playにも対応なのでローカル音源に関してはiTunesから音楽を聴くこともできます。

↓にAmazonのアフィリエイトリンク貼りますので良かったら見てみてください。

プレイリストの移行は「Tune My Music」

問題はライブラリの移行でした。

これを解決してくれたのが「Tune My Music」。

Apple MusicのプレイリストをSpotifyに移すことが可能です。

注意点としては

  • 無料で移行できるのは500曲まで。4.5ドル払えば一ヶ月無制限に移行可能
  • ライブラリ全体を入れたプレイリストを作る必要あり
  • スマートプレイリストは移行できないので、普通のプレイリストにする必要あり

というわけで、私は4.5ドル払いました。移行はとてもスムーズでした。

こんな感じで自分が作ったプレイリストをそのまま移してくれます。

なお、契約は自動更新なので移行が終わったら速やかにキャンセルしましょう。

Spotifyには無かった音源

非常にたくさんの曲がライブラリにはありましたから、当然Spotifyにはない曲もありました。

一番驚いたのが「鈴木慶一とムーンライダーズ」の名盤「火の玉ボーイ」がなかったこと。これは聴きたいなあ。

スマホから再生できて感動

無事スマホからSpotifyを再生できるようになり、やっぱり便利。気軽に音楽再生できるのは良いです。

DACやアンプまわりをもう少し変更する予定なので、終わったらオーディオの機種構成の記事も書きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました