一軒家フレンチで静かな時間。鶴川「緑山松田家」でランチ

本日は鶴川からバスで10分ほど、住宅街の中にある一軒家フレンチ「緑山松田家」でランチです。
町田のグルメ本で見てずっと気になっていたお店でした。
ランチは2組、ディナーは1組のみの案内。シェフは一人で接客もこなします。
予約の10分前についたところ、このような前室に通されました。旅館みたいですごい。




我々は魚および肉のメインありの5300円のランチコースを選択。
予約時刻でダイニングルームに通されまして、普通にこちらはテーブルと椅子です。
もう一組いましたが、テーブルの間隔はかなりあるので、気になることはありません。

緊急事態宣言中とあって、ノンアルコールワインを注文。初めて飲みましたが、やはりワインとはだいぶ味が違いますね。どちらかというとジュースよりかと。

パプリカ、ナスのムースの上にバジルのソース、エビとホタテのポワレを載せたのもの。
まろやかなムースに味の強いエビとホタテがついて文句なしに美味しいです。

パンは自家製のライ麦パンだそうです。
バターの隣にレバーペースト的なものが乗っているの初めてみた。

野菜の盛り合わせ。20種類くらいの繊細に調理された野菜が並びます。
野菜の味がしっかりして、ピクルスっぽい味や香ばしく焼いたりなどところどころアクセントがついて美味しい。

魚のメインの真鯛のポワレ。万願寺とうがらしのソース。
残念ながら期待を超えるほどではなかったです。

肉のメインとしてアッシュパルマンティエ。フランスの家庭料理だそうです。
一番下にラムのひき肉。その上にポテトピュレーとチーズが乗っています。

こちらの唐辛子を使ったソースを使って辛味をプラスします。
悪くないのですけど、5000円のコースで肉のメインと言われると塊の肉を期待してしまうのでちょっと拍子抜け。

イチジクの赤ワイン煮。
それだけだと和食っぽい味わいですが、マスカルポーネムースや下に敷かれたチョコレート味のビスキュイでしっかりフレンチのデザートに。

食後のコーヒーはサイフォンで入れてくれました。

ちょっとコーヒーの量は多いかもしれないです笑。

お会計は二人合わせて12100円でした。
一軒家のゆったりした空間でこの価格はまずまずといったところではないでしょうか。

ただ、メインが弱かったり、思ったより感動しなかったのでディナーの10000~12000円のコースはちょっとどうなのかなあ。
夜に真価を発揮するという可能性もあるけど・・・

特に広くて静かな空間でゆっくりしたいという方にはおすすめです。

https://www.midoriyama-matsudake.jp/


町田のグルメ本をどうぞ~↓

地元のごちそう 町田 エイ出版社の街ラブ本 | ムック編集部, ムック編集部 | 暮らし・健康・子育て | Kindleストア | Amazon
Amazonでムック編集部, ムック編集部の地元のごちそう 町田 エイ出版社の街ラブ本。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。




コメント

タイトルとURLをコピーしました